在来工法

長年に渡って発展してきた、
様々な点で日本の環境に適した工法。

在来工法とは、「木造軸組工法」とも呼ばれ、日本に伝わる伝統的な工法で、
基礎に土台をのせて柱を立て、梁などの水平な材を渡して骨組みをつくる。

Q.在来工法とはなんですか?

A.在来工法は日本の風土に合った建築法です。

柱や梁や筋交い(斜材)などを使い、建物の軸を組み立てていく工法であり、日本では伝統的な工法です。
「ツーバイフォー工法」とは違い、増築や改築が容易にできます。また日本独自の工法で、大工さんや左官さんといった専門工事業者によって造られます。
現在では耐震補強として、基礎と土台、土台と柱、柱と梁、柱と筋かい、梁と梁などといった接合部には金物で補強固定し、耐震基準はクリアしています。

Q.地震に弱いと聞きましたが?

A.そんなことはありません。むしろ強いと言えます。

軸組構法は縦横に渡した柱や梁で家の骨組みを作ります。これが土台となり、壁のパネルや屋根を造作したり内装をしつらえたりして家が出来上がって行くのです。ですので、例えば一部屋増やしたい時には柱や梁を継ぎ足してやればいいのです。壁材を組んで土台を作るツーバイフォー等の建築法ではこのように簡単にはいきません。

Q.気密性や断熱性が弱いのではないでしょうか?

A.日本の風土に調和した建築法です。

在来工法は日本古来の伝統技術を踏襲し時代に合わせて進化しています。気密性も断熱性も問題ありません。建具の進歩や断熱材の素材の発展のおかげでマンションと変わらない様な気密性を保持しています。でも、せっかく天然素材の家に住んでいるのですから、風をたくさん入れてあげましょう。

在来工法

在来工法の利点

利点1

間取りやデザインが自由
軸組構法は柱と梁で建物を支えているので、組み方の工夫次第で様々なレイアウトが可能です。また、壁に穴を開けたり窓を付けたり等の制約が少ないため、開放的な空間づくりが可能です。

利点2

木の暖かみに直接触れることができる和みの空間
軸組構法で組まれた部材は、材そのものをデザインとして露出させることもできます。美しい木目をいかしたデザインにしたり、また、直接木に触れることで癒され愛着もわいてきます。

利点3

自然の空調作用
天然素材である木材は環境と共に生きています。空気中の湿度を吸収したり排出したりして室内の湿度を一定に保とうとする性質を持っています。季節によって気温や湿度が大きく異なる日本では非常に都合の良い材料だといえます。

利点4

メンテナンスが容易
住宅は長く住んでいるとリフォームが必要になったり、家族構成に合わせて増改築の必要がでてきたりします。軸組構法が最も得意とするものの1つが《改造》なのです。柱と梁で骨格ができているために多くの部分に手を入れる事が可能です。

利点5

日本古来の建築技術
日本で培われた建築技術である軸組構法は、日本の風土に適合して発達しました。地震や台風に強いといった基本の性能はもちろんのこと、住み心地やメンテナンスのことも長年の経験の蓄積をもとに考えられています。

利点6

ヒトにも環境にもやさしい
天然素材の特徴は第一に人にやさしいということです。くつろぎの場である家は健康ですごせる場でなくてはなりません。また、天然素材の活用は環境への配慮にも結びつきます。国産材を使用することにより国内の森林サイクルを健全化することにも役立ちます。

個人住宅 施工実績 お問い合わせフォーム
本 店 〒839-1321 福岡県うきは市吉井町845-1
TEL:0943-75-5062 FAX:0943-75-5026
久留米
営業所
〒839-0862 福岡県久留米市野中町1297-1
TEL:0942-36-5362 FAX:0942-36-5368

お問い合わせフォームへ

お電話でのお問い合わせ TEL :0942-36-5362