げんのう

つくしおとなりさんぽ

トンカチ、金槌の類いは、たくさん種類があります。釘を打ったり、のみをたたいたり 木組みを叩き込んだりと様々な用途で使い分けます。
細かな手先の技で「たたき」を調整しているのです。 そんな、大工の道具は自分が使いやすいように細工を施してあるモノが多いです。 この玄翁は善さんが柄の部分を自分で作ったものです。 滑らないように木のゴツゴツを利用しているのでしょうね。

のこ

つくしおとなりさんぽ

善さんは仕事場に行く前に刃のチェックを欠かしません。 定期的に目立てをして気持ちよく切れるようにしておきます。 でも、たまに古い端材を切っていて釘をガリっとやった時は、 困った顔をして刃を点検しています。

さしがね

つくしおとなりさんぽ

日本の大工にとってさしがねはとても大事なものです。 目盛の”尺”は在来工法ではとても大切で、 このさしがね無しでは大工は仕事ができません。 ただ単に長さを測るだけではなく、 いろいろな使い方が出来るこの道具は、 善さんもマスターするのにかなり修行を重ねたらしいです。

ちょうな

つくしおとなりさんぽ

存在感たっぷりのこの道具は、 丸太を荒削りするためのものです。 もちろんハンドル部分は自作です。いい感じのカーブでしょう

かけや

つくしおとなりさんぽ

棟上げの時に活躍する道具です。 木材どうしをきっちりはめ込むために、 これで叩き込みます。 とても重いけど、これをしょって 高い所に上ります。

すみつぼ

つくしおとなりさんぽ

すみつぼは木材に線を引く道具です。 善さんのには亀がいます。 縁起が良いからなんでしょうかね。
墨のついた糸をくりだしてはじくようにして、 木材に線を描きます。 善さんは線を打つと言います。

かんな

つくしおとなりさんぽ

てのひらで包み込む様にして使うこの道具は、年期が入るといい感じの風合いになります。 金槌でたたいて刃の調整をするのでボコボコですが、これは精密機械ですよ。
片目をつむって刃を調整する善さんにしゃべりかけることはゆるされません。

のみ

つくしおとなりさんぽ

善さんの道具箱にまた箱! のみはサイズを揃えておかないと、 仕事になりませんからね。 ふたが無いので持ち運ぶ時は 水平にしてそろそろと慎重に…