木の家に住みたい

つくしおとなりさんぽ

安らぎ=自然=木の家
直接手に触れることのできる木肌がそこここにある。手で感じる。足の裏で感じる。匂いで感じる。音で感じる。まるで森に守られて暮らしている様な安らぎがそこには存在します。 木の家に住むという行為は日本の風土と協調した暮らしを営むということを意味します。なぜなら、木材は製材後も生きているからにほかなりません。 木の家に住むということは自然に守られた安らぎを得ることなのです。

材木を知る

文化ホール

ヒノキ
主に西日本で多く分布しています。日本の木材建材では最高品質のものとされており、加工が容易で大きな狂いもなく、日本人の好みないい香りを長期にわたり発します。

文化ホール

スギ
日本固有種の材木。古来より建材として多く利用されており、木造建築では重要な建材です。柱などの角材や板、合板にも多く利用され、強度も高いです。

文化ホール

マツ
針葉樹としては日本を含む北半球と大きな範囲で分布すします。
梁に多く利用されます。

文化ホール

ケヤキ
木目が美しく磨くと光沢がでます。古くから大黒柱など建材としても使われますが、材料は高価です。
左右に大きく沿って変形するため、長年に渡って乾燥が必要になります。

文化ホール

サワラ
ヒノキよりも成長が早いが、木材は柔らかいためヒノキのように柱などとしてはあまり用いられません。水湿に強く、ヒノキやアスナロのような臭いがないので、飯櫃や柄杓、桶などによく用いられています。近年は、ヒノキに似た足ざわりの良さからフローリング材として人気が高い傾向にあります。

文化ホール

サクラ
日本文化の象徴とも言える桜。家具や彫刻に使用されることがあり、木材としては化粧板やフローリングなどに多く利用されます。

軸組工法

文化ホール
文化ホール

1.整地作業
地盤の状況や水質を調べるボーリング調査を行います。地鎮祭後に地盤の高さを上げたり下げたり整地を行います。敷地境界や建物位置もこの時確認します。

文化ホール
文化ホール

2.基礎工事
建物を支える基礎を地中に鉄筋コンクリートで造ります。地盤が悪い場合は杭工事を行います。

文化ホール
文化ホール

3.建て方
在来工法ならではの土台・柱・梁などをクレーンを使い1つ1つ組立ていきます。
1番高い屋根の棟が上がると棟上(上棟式)となります。

文化ホール
文化ホール

4.屋根工事
雨が出来るだけ入らないように屋根を仕上げていきます。屋根は和瓦・洋瓦など種類はさまざまです。

文化ホール

5.外壁工事
ほぼ内部と同時期に施工します。板張りやサイディングや塗装など仕上げはさまざまです。

文化ホール
文化ホール

6.電気設備・衛生設備工事
ガスや給水給湯、電気、吸排気管、通信ケーブル、制御用ケーブル、冷暖房は配管などを設置します。

文化ホール

7.内部構造工事
各所下地を組立てていき、断熱材はすきまなく敷き詰めていきます。窓サッシも取付けます。
この時点で部屋の広さや感覚が見て分かるようになります。
壁・天井に石膏ボードを張っていきます。床はフローリングの質感で部屋の雰囲気が大きく変わります。

文化ホール

8.内装工事
壁・天井に壁紙(クロス)など貼っていき仕上げを行い、造りつけの家具はこの時期設置します。
仕上げ後キッチンや便器など機器を取り付けていきます。

9.外構工事
家の外側の部分の工事です。門扉やガレージ、玄関アプローチ植栽、外灯等の工事を行います。

メンテナンス

  • 「営繕」という言葉があります。これは「建築物の営造と修繕」のことをいい、具体的には、建築物の新築、増築、修繕及び模様替などを指します。古くからある言葉で、木造建築の維持管理に関する概念を一言で言い表したものです。法隆寺などの大寺院には専属の大工の部署がありました。天然素材である木材は手入れをしながら住むととても長持ちします。木造住宅は適材適所の材を使う事により堅牢性を高めていますが、定期的に手入れをすることで修繕の時期を後に送ることができるのです。
      時々家のいろいろなところを見て触って、少したたいてみてください。日常のそんな気遣いが家を長持ちさせるのです。5年や10年スパンの専門的な点検はもちろん工務店にお願いしましょう。

満喫する

つくしおとなりさんぽ


思いっきり、何もしないでください。 矛盾していますが、木造住宅の「のほほん」とした安心感に包まれてリラックスしてください。 日だまり あくび …